カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2011年3月16日 (水)

福島第一原子力発電所から半径200km


今話題の…福島第一原子力発電所から半径200kmの距離を
googlemap を利用して描いてみた。


200km

円と円の間隔は20km。いちばん外側が200km。
200kmに特に意味はない。。

首都圏のアップ

200km_2



| | コメント (2)

2010年3月17日 (水)

フィギュアスケート


実はけっこう前からのフィギュアスケートファンである。

日本は女子も男子もレベルが高く、うれしい限りでそれはいいのだが
ソルトレーク(=ジャッジ不正が発覚して採点方法の変更の引き金となった)以降、
特にこの1年、どうも採点が変。


ということで、現行採点システムのいけない点を列挙してみると


・採点者が匿名
  なぜ!不正の温床にしかならない

・採点者の採用がコンピュータによるランダム
  ランダムに2人落とす意味は何??
  普通に(他と同じに)「最高」と「最低」を落とすべき。
  今のままだと、不正ジャッジがあったとしてもそれが採用される率の方が高い。

・基礎点の設定が変
  トリプルアクセルを1つの試合で3回決めても、やらなかった人のほうが基礎点自体高いとか

・[回転不足」ルールは変
  4回転飛んでも「回転不足」とされると3回転の基礎点に下がった上、さらに回りすぎで減点…
  誰も難しい技に挑戦しなくなる。現になってる。

・各要素に対して -2.0~2.0点の加点が恣意で加えられる
  しかも加点について妙な「審判意識合わせ」を五輪直前に韓国でやるとか、なにそれ


バンクーバーでプルシェンコが演技前にも演技後にも猛烈にアピール(抗議)していたことでもあるが
難しい技に挑戦した人がバカを見るルールになっている。
(それ以上に、ジャッジ不正も疑われているが…。韓国には前科があるから…)


さて


アメリカの3大ネットワークの一つであるNBC(National Broadcasting Co.)が
面白い比較映像を作成している。

バンクーバー女子の金銀メダリストの演技を左右分割で同時に流し、
基礎点と、それに対してどのくらい加点されていったのかをリアルタイムで表示するという試み。

ニコニコ動画にアップされてました。まだ消されてないということは当分大丈夫かな?

浅田真央vsキム・ヨナ ショートプログラム
w-figure-sp

ほとんど同じタイミングで同じような演技をしているので非常にわかりやすい!
アスリート対ダンサーですね。
スピンもこうやって比べてしまうと軸が流れてるとかバレてしまう。。


これ↑の存在は五輪直後から知ってたのだが
フリー版もあることを先程知った。

キム・ヨナvs浅田真央 フリースケーティング
w-figure-fs


で、NBCがなんでこんな映像を作成したのか、だが、、、


やっぱり誰が見ても「なんで?どうして?」だったから、ということか。。


別にキム・ユナをけなすつもりはない。
キム・ユナ個人を攻撃するような2ch書き込みなども見たが、
、、日本人ならそういうのはやめてね、、個人攻撃は気分の良いものではないので。
 中には顔がどうとかまであったし。はぁ

おかしいのは採点方法とジャッジの実際の採点であって
どちらもあきらかにキム・ユナ有利に1年かけて誘導され、
バンクーバーで「銀河点」として結実してしまっただけ。

自分にいかに有利な環境であろうとその中で自分に与えられたことをちゃんとこなした
キム・ヨナは偉いと思っている。報道されてるほど完璧じゃなかったのは動画で見る通りだけど。
プログラムのレベルが高くないとかジュニア時代からほとんど構成が変わらないとか言われているが、
同じことを皆にやらせたとしてもちゃんとトップクラスにくるはず。


もうひとつ動画へのリンクを。
日本テレビの「バンキシャ!」とかいう番組がなんと
バンクーバー女子フィギュアの採点風景を観客席から録画し、放送していたらしい。
特定審判(顔が隠されていても服装と体格等で韓国のイ・ジヒ女史だとバレバレ)が
迷いなくキムには加点、浅田には減点している光景をばっちりとらえてしまった。

浅田真央 バンクーバー五輪 トリプルA評価の謎 バンキシャ!100228
Bankisha

 まだ消されてないけどそのうち消されるんだろうな(もう何回も消されては復活している模様)


迷いなく、というところがたぶん問題で
ビデオを見て詳細にチェックなどはしていないというのが明らかになってしまった。

この韓国フィギュア連盟副会長のイ・ジヒという人、審判に選ばれた時に
「キム・ヨナが(採点で)不利益を受けないように努力する」と
ひいき採点をすることを明言しているなど(日本人の目から見ると)問題のある人のようで。。
お国柄なんですかね。。日本人ならありえないと思う。
こんなこと日本人が発言したら日本人から叩かれる。日本人ってなんだかんだいって真面目で損をする民族。


バンクーバーフィギュアでは地元ロシェット、チャンの点数が高すぎるなどの問題もあった。
(地元有利はまあある程度許される風潮もありそうですが)
一方でウィアー、など点が伸びない(加点がもらえない)選手もいた。
女子の最終滑走・長洲未来選手のフリー演技後、
予想を上回る演技をしてしまった長洲の点数がロシェットの点を超えないように調整していたんじゃないか
などといわれても仕方のないくらい異常に時間がかかっていたこととか。。

見た瞬間にぽいぽい加点・減点してるんならなんで時間かかることがあるんだっていうこと。


採点競技って難しいけれど今の形だけはまずい.はやいところ是正して欲しい。




本件は韓国からの2chへのサイバー攻撃(そういうことするのもどうかと思うが)
などみてもわかるように
白熱しがちで罵倒合戦になってしまったり嫌な方向に進んでしまう恐れもあると思っているので、
コメントいただいても、私の一存で削除させていただく可能性があります。


#というのもあって、五輪終わってずいぶんたった、今頃の書き込みだったりもして。



| | コメント (1) | トラックバック (3)

2009年3月25日 (水)

SUICA改札機(のソフト)


JR東日本のSUICA改札機。

改札を通るとき、SUICAの残高は誰もがチェックすると思うのだが、
自分の残高が表示されていたためしがない。

前の人の残高もしくはその前かその前…要するに表示されてから一定時間が経過するまで消えないという
信じられない仕様になっていた。

ユーザとしては
・自分の残高が見たい!
・他人の残高はむしろ見せないでほしい(他人にも見せたくない)
のでさっさと直してもらいたいと思いつつ数年が過ぎていたわけだが


ここ数日、連続して同じ残高の表示を目にしていることに気づいて、
「もしかしてこの連続して目にする同じ残高は自分のSUICAの残高かもしれない?」
と漠然と感じていた。

今日の夜にも同じ残高を見たので、たぶん間違いなく、
かつ直前に人が通った改札であったので、
(その状況だと今までなら間違いなく自分以外の人の残高を見させられていた)
どうやら、改札機のソフトのアップデートがあったっぽい。


めちゃくちゃ今さらではあるものの、ようやく

 「タッチした瞬間に、タッチされたSUICAの残高表示に切り替える」

という至極あたりまえの仕様に切り替わったようである。


とかいいつつ誤報だったらゴメン


| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

ベリーダンスダイエット


奥さんが「ベリーダンスダイエット」とかいうDVDを友達から貸してもらった。

ベリーダンスもダイエットもわかるのだが両者がくっつくととても気持ち悪い。
「へそ踊り食事制限」だからである。

「ダイエット(食事制限)」という言葉を「やせること」的に使っている人が多いが、辞書を見ると

■広辞苑
 ダイエット【diet】
 (規定食の意) 美容・健康保持のために食事の量・種類を制限すること。

■三省堂 スーパー大辞林
 ダイエット [1] 〖diet〗 (名)スル
 健康や美容のために,食事の量や種類を制限すること。

■現代用語の基礎知識2003年版
 ◆ダイエット(diet)〔外来語年鑑2003年〕
 体重調節のための規定食。やせる食事法。低カロリー食。

■学研 新世紀ビジュアル百科辞典
 ダイエット(diet)
 体重を増やさないため,また減らすために食事制限をすること。

というわけで、「体重をしぼること」的な誤用についてはまだ辞書には載っておらず
市民権は得ていないようであった。

体重を増やすためのダイエットだってあるのだからして。。


気持ち悪さとしては
「シュミレーション」や「アボガド」並みである:)


| | コメント (0) | トラックバック (0)