« 2010年3月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

wii USB起動◆個別ゲームのチャンネル化を自動化 v0.07c【Configurable専用】


GWになり久しぶりに時間が取れたのでWiiなどいじってみた。

cIOSが 38rev19になっていたので、まずはあげてみた。

すると、いくつかのゲーム起動用チャンネルから起動できなくなっていた。


というわけでこの際、以前からやりたかったことをやってしまうことにした。


やりたかったこととは:

 ・ WBFSをやめ、NTFS にゲームを格納。
 ・ 個別チャンネル作成時にゲーム起動用の設定(002fix等)をいちいちしたくない
   →個別チャンネルを、Forwarderにする。
 ・ 今回のように cIOSのアップデートなどで個別チャンネルを更新する必要性をなくせるものならなくす
   →個別チャンネルを、Forwarderにすればよい。

である。


NTFSでの起動は既に Configurable で実現済み。
Configurable をゲーム指定で起動する Forwarder も手に入れた。

念のため Configurable は最新にバージョンアップしておく。


■WiiUsbIso2Wad v007c

WiiのチャンネルからUSBの特定ゲームを直接起動
Configurable USB Loaderを呼び出す版
なぜ Configurable なのかといえば、私がそれしか使っていないから…


・Configurable USB Loader が SD の下記いずれかにインストール済みであること。
/apps/cfg-loader/ ★ちなみにわたしはこれ。他は未確認
/apps/usbloader_cfg/
/apps/usbloader/
/apps/usb_loader/

002fix, alternate dol, ocarina 等、各ゲーム個別の起動設定はあらかじめ、
Configurable USB Loader を起動して設定しておく。
(なのでチャンネルWAD作成時に個別の設定はいらない→これも目的のひとつ)

■wad作成

 ・WiiUsbIso2Wad.exe を起動
Wii ISOファイルをドラッグ&ドロップ。
または
PCに接続したWBFSドライブの中からゲームを選択。→過去の名残り

作成したwadファイルが、wadフォルダに作成されているはず。
WAD Managerでインストールすることで、
ゲーム起動用のチャンネルが作られる。

■必要ファイル

必要ファイル一式→


■雑記

NTFSからの起動で特に遅くなったような気もしない。
NTFSだとデフラグもできる。WBFSでやっていたときに比べ、だいぶ精神的にいいかも。

Configurable以外のForwarderも、もらえれば対応するかも。
ただし、Game ID を指定して、ゲームを直接起動できる Forwarder に限りまする。
(そして、時間が取れればですが…)



| | コメント (16)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年3月 »