« Wii WBFS ? | トップページ | USBメモリの厳密なチェック »

2010年1月13日 (水)

WiiScrubber での trim


以前、Wii Scrubber について書いた。
不思議なのだが、これがいつも とんとん庵 アクセスランキングの上位にいる。

きっとWii Scrubberの不具合:) に悩まされて検索して飛んできてるのかな…と勝手に推測 :)。


うちでは、吸い出したISOファイルは(吸出しは時間がかかり面倒なので)基本はHDに置いている。
そこで WiiScrubberによる trim の出番となるのだが、
いくつかのディスクでは trim 後に以下のような不具合があることがわかった。

 ・ trimしたISOだとUSB起動できない
 ・ trimしたISOだと 002 エラーが出るようになる(これは fix 002で解決できるが)

また、

 ・ trimしたISOがWiiScrubber自分自身で開けない

↑これ、以前は100%ではなかった気がするのだが、最新版だと 100% で起きている気がする。


そこで、このようにしている。めんどくさいが、そんなに頻繁にやる作業でもないので…

 ・ WiiScrubber で trim する。
 ・ trim した ISO のサイズを1バイト水増し(WiiScrubberで読み込めるようにする)
 ・ trim した ISOをWBFSに転送し、USB起動できるかチェック
  →できたなら吸い出したオリジナルのISOは削除、trim後のISOを保存で終了

 ・ 起動できなければ、オリジナルISOをWBFSに転送後、別名でPCに書き戻す。
  →WiiScrubberで「Scrub」したのと同じことになっているはず。
 ・再度これをWBFSに転送し、USB起動できることを確認
  →これでエラーになったことはないが一応。
 ・起動できたISOファイルを RAR 圧縮して保存で終了

  ※Wii Backup Managerなど使って wbfs/フォルダ以下に sparseな .iso を作成した方が楽な気がしてきた。
   この場合、見た目のファイルサイズが大きいので精神衛生上あまり良くないが
   ディスク上で占めるサイズは最小限だし、RAR圧縮などもしたければ効く。


ちなみに trimしたISOのサイズを1バイト増やすツールであるが、
自分用に密かにバージョンアップしていたのでよかったらどーぞ。

wiiisosize2.zip

 ドラッグ&ドロップされたWII ISOファイルのサイズを単純に+1するプログラムである。
 ゲームIDのチェック(先頭が 'R' または 'S'か)はしているが、それ以外でも続けられるようにした。
 また、trim後のファイルは書き込み禁止属性がついているが、そのまま続けられるようにした。


Wiiscrubber Kit with multiloader 1.40


#だから Wiiscrubberはそういうことをするためのツールじゃないんだってば:)


|

« Wii WBFS ? | トップページ | USBメモリの厳密なチェック »

ゲーム(Wii)」カテゴリの記事

コメント

1byte水増しするツール、起動後×を押しても終了しません。。
仕方ないのでタスクマネージャから落としている状況です。

Windows7 SP1 (64bit)

投稿: | 2012年3月 5日 (月) 00時13分

こんにちは。
HSPで作ったアプリの×ボタンが、Windows7上でちゃんと動作しないことがあるみたいです…
Exitボタンを付けてみましたが、これだと大丈夫でしょうか?

http://tb7.cocolog-nifty.com/blog/files/wiiisosize3.zip

投稿: とんとん | 2012年3月 5日 (月) 12時23分

相変わらず×はダメでしたが、exitで終了できました。
ありがとうございます!

投稿: | 2012年3月 5日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wii WBFS ? | トップページ | USBメモリの厳密なチェック »