« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

DELL Vostro 1400 セットアップメモ


メインで使っているPC(ノート)のファンが、ガリガリ引っかかったり止まったりするようになり
熱くなった挙句電源が落ちることを繰り返すようになったため
ひさしぶりにPCを買った。

といってもヤフオクで中古ノートであるが。。。
(うちは基本デスクトップを置かない主義なので)

DELL VOSTRO 1400

CPU : Core2Duo T7250 (2.0GHz)
MEMORY : 1024MB
HDD : 80GB
光学ドライブ :CD-RW/ DVDコンボドライブ
ディスプレイ : 14.1型ワイド液晶(1280X800)
OS: Windows Xp Home 

我が家で初のデュアルコアCPUである。


さて、このままだとやりたいことに対してちょっと力不足なため
パーツ差し替えその他セットアップを行ったのでメモしておく。


例によって自分用のメモなのでほかの人の参考になる部分はあるやらないやら:)


とりあえずパーツの増強。
MEMORY は 2GBx2 の 4GB に。(ヤフオクで新品が7000円弱)
HDDは500GBに。(これまたヤフオクで新品が7000円弱)

メモリもHDDも安くなったもんですねえ。

光学ドライブについてはDVDが書けないのがちょっと不満ではあるもののとりあえず後回しに。

ここまでで、本体と合わせて6万円弱。


メモリ 4GBと充分積んだので、パフォーマンスアップのために以下2つの作業を行う。

(1)ページングファイルを使わない


Windowsはメモリがあまっていても勝手にHDDにページングしてしまうお馬鹿OSなので、
明示的にページング処理を切っておく。
(うちの場合は Xp で 2GB以上メモリがあればこの処理をしている。
 Vistaのようなメモリ食いのOSはもちろん最初から問題外。使わない)

◆コントロールパネル→システム→詳細設定→パフォーマンス・設定→詳細設定→仮想メモリ・変更

 ページングファイルなし にチェックを入れて「設定」

設定後は再起動が必要


これだけでもディスクアクセスがかなり減るのでだいぶ快適に。

(2)RAMディスク導入


32bit Windows は、メモリが4GBあっても3.5GB程度しか認識しない。
残る0.5GBは無駄になってしまうので、これを RAMディスクとして利用する。
利用用途は「テンポラリファイル用」。

Romex Software - Desktop, Multimedia, Embedded Software Developer
VSuite Ramdisk Translations (日本語版)
窓の杜 - 【REVIEW】OS管理外メモリ領域へRAMディスクを構築できるフリーソフト「VSuite Ramdisk」

インストール、起動後、
「オプション」にて、「OS管理外物理メモリの有効化」にチェック。
「RAMディスク」にて、「OS管理外メモリの使用」にチェック。
 管理外メモリの空き/合計 : 508MB/508MB と表示されているので
 ディスクサイズ→ 508MB と入力。
 ドライブ文字→なんでもいいけど「 Z: 」にしておく。
 ファイルシステム→NTFSでもいいけど「 FAT32 」にしておく。
 PC再起動時に内容を保持するかどうかは好みで。

再起動すると 約500MBのサイズの Z: ドライブができている。

このドライブをテンポラリファイル作成用とする。
z:\Temp フォルダを作成しておく。

◆コントロールパネル→システム→詳細設定→パフォーマンス→設定→詳細設定→環境変数

 ユーザ環境変数とシステム環境変数にある TEMP と TMP をすべて、 "z:\Temp" に書き換え。

◆コントロールパネル→インターネットオプション→全般→閲覧の履歴→設定→フォルダーの移動

 Z:\ を選択する。


これで、普段の操作中にハードディスクへのアクセスはほとんどなくなる。
かなり快適。


まだあるけど後は細かいことだから気が向いたら後日。


| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

wii USB起動◆個別ゲームのチャンネル化を自動化 v0.04(WiiFit Plus)


wii USB起動◆個別ゲームのチャンネル化を自動化 にて、
WiiのISOから個別チャンネルを作るユーティリティを作ったが、

最近発売された Wii Fit Plus でwadファイルが作成されないという指摘があり調べてみた。


Wii Fit Plus のゲームタイトルは "WiiFitPlus(JP:P)" であった。

この文字列を元にファイルを作成しようとして、エラーになっていた。(そりゃそうだ)


というわけで、ゲームタイトルにファイル名に不適な以下の文字

  : / * < > | ? \ "

が使われていたら、そこは _ に変えるようにしてみた。


また、 Wii Fit Plus は 002 error が出るようなので 002fix版 で起動する必要があるが、
起動時のコンソール(ログ)出力が一部で不評だったので、出さないようにしてみた。


必要ファイル一式→


■手順

ダウンロード、解凍したフォルダにある WiiUsbIso2Wad.exe をその場で起動。
Wii ISOファイルをドラッグ&ドロップ。


これで、wadフォルダに、WADファイルが作成される。(はず)


今回のバージョンでも3つのWADファイルが作成される。

例) Wii Fit Plus

RFPJ01 - WiiFitPlus(JP_P)(Sorg).wad
RFPJ01 - WiiFitPlus(JP_P)(Joda).wad
RFPJ01 - WiiFitPlus(JP_P)(002fix).wad

あいかわらずエラーチェックなどはほとんど書いていないので、あまりいじわるしないこと。


※P.S.

ふらっと さんのこめんとにて、Wii Hula というゲームでエラーになるとのこと。
DVDのTITLE IDが通常 "R" で始まるべきところ "SH2JMS" となっているため。

"R"ではじまるべき、というのも確たる情報ではないので、
このチェックをはずしたバージョンも作りました。

wiiusbiso2wad-nochk.zip
これを解凍してできる wiiusbiso2wad-nochk.exe を、WiiUsbIso2Wad.exe と同じ場所に置いて
WiiUsbIso2Wad.exe の代わりにこちらを実行してください。



| | コメント (13)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »