« Wii のアップデート(4.0J)【未】 | トップページ | wiiトワイライト・ハック(17)USB起動【3】個別Game Channel »

2009年4月10日 (金)

wiiトワイライト・ハック(16)USB起動【2】


前回 USB起動について書いたが、その続き。


■USB Loader 1.1s

Waninkoko氏のUSB Loader リリースはソースも公開されていたため、
腕に覚えのある人たちが色々改良したものを出している模様。

その中で、Sorg という人が出した、USB Loader 1.1s (mod by Sorg) というmodified版が、なかなかよさげ。

http://wiinewz.com/forums/backup-loaders/94923-usb-loader-1-1s-mod-by-sorg.html


改良点は主に
 ・オリジナルで6つだったゲームのリストが21に。
  たいていの人は1ページにおさまりそう。
 ・ゲーム開始前に、TV modeを変更「しない」
  これによって起動が多少早くなり、またPAL/NTSCまわりの不具合がいくつか解消されるらしい。
 ・シンプルバージョンつき
  USBのフォーマットやゲームの追加・削除機能を省き、ゲームの選択・起動に特化したバージョン。
  ゲーム選択決定時の確認も省略。
 ・USBストレージの準備が出来ていなければ wait する。
らしい。


・必要ファイル→


解凍すると、normal, simple という2つのフォルダがある。
お好みでどちらか(または両方)を。
.wad の拡張子の付いているものを WAD Manager からインストールすることで、
チャンネル起動することが出来る。
dol ファイルはいつものように SD の APPS フォルダにいれ、HBC (Homebrew Channel) からの起動用。


フォーマットやソフトの追加削除はPCでやる、という人も多そうで、
シンプルモード、けっこうよいかも。(実はお気に入り)


■WBFS Manager 2.1

http://www.wiinewz.com/ にて、
WBFS Manager のアップデートが公開されていた。

早くも2.1で、更新内容は
 ・64bit OS 向けに特化ビルド版作成
 ・「Adding」「Extracting」時に、アプリがビジーにならないようにし、かつ進捗を表示
 ・リネーム機能
 ・ISOファイルのあるフォルダのドラッグ&ドロップに対応
 ・その他色々修正・機能アップ
ということで、かなり改善されている。
個人的には進捗表示とリネーム機能がとてもうれしい。

詳細は こちら

ファイルは上記ページからダウンロードできるが、以下にもミラーしておいた。
・ 普通はこちら→
・ 64bit OS用はこちら→

解凍し、setup.exe を実行してインストールする。

起動後、初回のみ説明ポップアップが出るようである。


■その他

USBハードディスクを使う場合、エラー回避のため、省電力機能は切った方が良い模様。
 電源モードがAUTO(USB接続連動)になっているなら MANUALにする。など。



|

« Wii のアップデート(4.0J)【未】 | トップページ | wiiトワイライト・ハック(17)USB起動【3】個別Game Channel »

ゲーム(Wii)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wii のアップデート(4.0J)【未】 | トップページ | wiiトワイライト・ハック(17)USB起動【3】個別Game Channel »