« wiiトワイライト・ハック(19)USB起動【5】個別ゲームのチャンネル化をちょっとだけ自動化 | トップページ | Wii ISOのゲームタイトル編集 »

2009年4月15日 (水)

DSLの電池を入れ替えてみた


DSLiteに標準で入っている充電池は、1000mAh容量のものである。

ネットで調べていると、1600mAh とか 2000mAh とかの電池を見かける。
2000だったら原理的に容量倍、電池の持ちも倍!

もうちょっと電池、持ってほしいなあと思っていたので、ひとつ購入してみた。


そして使ってみること2週間ほど。


ダメでした (T_T)


あろうことか、以前よりも持ちが悪くなった気がする。
インジケータが赤くなってから電源が切れてしまうまでの時間も短くなった気が。


やっぱり中国製に手を出してはいけなかったのか…
上記写真のものは、お勧めしません。という悲しい結論に。


|

« wiiトワイライト・ハック(19)USB起動【5】個別ゲームのチャンネル化をちょっとだけ自動化 | トップページ | Wii ISOのゲームタイトル編集 »

ゲーム(NDS)」カテゴリの記事

コメント

悲しいですね・・・。
この、いかにもなパッケージが胡散臭さを醸し出してます。

投稿: うぃ~ | 2009年4月16日 (木) 02時09分

充電の仕方にコツがいる、とかなのかもしれないんですけどね。。。
普通の使い方でだめなので私にとってはダメでした。

投稿: とんとん | 2009年4月16日 (木) 11時57分

バッテリーのケース開けてみては?
きっと中には純正より小さなバッテリーと、重量増のための鉛入りです

投稿: | 2009年6月28日 (日) 14時44分

大容量を謳うほとんどの中国産バッテリは純正以下の性能だというのは結構言われていますね。純正は値段も高いですが品質も高いです。

投稿: | 2009年10月17日 (土) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« wiiトワイライト・ハック(19)USB起動【5】個別ゲームのチャンネル化をちょっとだけ自動化 | トップページ | Wii ISOのゲームタイトル編集 »