« MicroSDのデフラグ | トップページ | ファイル名を指定して実行 »

2009年3月25日 (水)

SUICA改札機(のソフト)


JR東日本のSUICA改札機。

改札を通るとき、SUICAの残高は誰もがチェックすると思うのだが、
自分の残高が表示されていたためしがない。

前の人の残高もしくはその前かその前…要するに表示されてから一定時間が経過するまで消えないという
信じられない仕様になっていた。

ユーザとしては
・自分の残高が見たい!
・他人の残高はむしろ見せないでほしい(他人にも見せたくない)
のでさっさと直してもらいたいと思いつつ数年が過ぎていたわけだが


ここ数日、連続して同じ残高の表示を目にしていることに気づいて、
「もしかしてこの連続して目にする同じ残高は自分のSUICAの残高かもしれない?」
と漠然と感じていた。

今日の夜にも同じ残高を見たので、たぶん間違いなく、
かつ直前に人が通った改札であったので、
(その状況だと今までなら間違いなく自分以外の人の残高を見させられていた)
どうやら、改札機のソフトのアップデートがあったっぽい。


めちゃくちゃ今さらではあるものの、ようやく

 「タッチした瞬間に、タッチされたSUICAの残高表示に切り替える」

という至極あたりまえの仕様に切り替わったようである。


とかいいつつ誤報だったらゴメン


|

« MicroSDのデフラグ | トップページ | ファイル名を指定して実行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MicroSDのデフラグ | トップページ | ファイル名を指定して実行 »