トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

wiiトワイライト・ハック(3)ソフトのバックアップ


前回、wiiで3.4Jからのダウングレードまでを行った。


ここらで、手持ちのWiiソフトのバックアップなどとってみたい。


検索すると年代別に3通りの方法が見つかった。

[1] PCでがんばる。
  この場合、DVDドライブに依存するらしい。
  HITACHIだかのとある型番ドライブでないと、うまく読み込めないらしい。
  かつ、かなりの時間がかかり、ドライブにも負担がかかるっぽい。
  うちの場合は無理。

[2] SDでがんばる。
  Wiiに挿したSDにISOイメージを出力すると言うもの。
  といっても、DVDイメージは巨大なので、2GBとかのSDには入りきらない。
  分割するサイズ(<SDサイズ)を指定して、分割して取り出し、最後にPCで合成する。
  SDの出し入れが大変。

[3] ネット経由でがんばる。
  Wi-Fiネットワーク経由で、直接ネット上のPCにISOイメージを出力すると言うもの。
  これなら寝ている間に出来そう。


というわけで、今回は 「ネットワーク経由でDVDソフトのバックアップ」 にトライする。

  ※ 参考 ftpii でバックアップする方法 をアップ。 2009/02/18


■用意するもの

・トワイライト・ハック済みでインターネット接続設定済みのWii
・cIOS DVD Dumper (最新はv1.2)
・PCに、Firefox ブラウザを入れておく (→ Firefox


#3.4Jではできない、ような記述をどこかで見かけたので、3.3Jとか3.2Jにダウングレードしてから。


■手順

(1)SDの /apps/ フォルダに cIOS-DVD-Dumper v1.2 をコピー
  中のdol ファイルは boot.dol にリネームしておく。
  SDのイメージ(→ dvddumper.zip

(2)HBC (Homebrew Channel) から「cIOS DVD Dumper v1.2」を起動。
  左右キー「←」「→」で「WiFi Connection」を選択して、「A]ボタン。
  左右キー「←」「→」でバックアップしたいディスクの種別を選択して、「A」ボタン。
        GOD --- ゲームキューブ
        WOD --- Wii の一層ディスク(4GB)
        WOD DVD9 --- Wii の二層ディスク(8GB)

(3)ディスクを入れろ、と言われたらディスクを入れる。(最初から入れてあった場合は一旦出して入れなおす)
  入れたことが認識され、ディスクの読み込みが終わったら(ディスク識別の4文字が表示される)Aボタン。

(4)Wiiの画面に URL が表示されるので、それをPCのFirefox にて入力し、開く。
  例) Wii URL: http://172.16.0.2/

  2つのリンクを持つ簡単なページが表示される。
  上の 「Click here to download …」リンクから、ダウンロード保存する。(右クリックで「名前をつけて保存」など)

(5)それなりの時間、待つ。
  終わったらできたファイルのサイズを確認する。
  4,699,979,776 バイトが正解。(一層の場合)
  Wiiのディスクでは、どんなにちっぽけなプログラムでもディスクのサイズはこのようになる。
  (しかも余った無駄な領域は暗号化してあり、そのせいで圧縮も出来にくくなっている)

(6)ダウンロード完了したら、PCのFireFox画面にて、「Click here to Restart the Wii」をクリックすると、Wiiが再起動する。
  これをやらないと、Wii側では何も操作できないため、固まってしまったと勘違いするかも。


ここまでで何かエラーになった場合は、以下を確認する。

・ブラウザはFirefox推薦、となっているが、IEやChromeでは、ダウンロードサイズがおかしくなってしまい、正常にダウンロードできなかった。Firefoxを使うべし。
・cIOS37 rev3 でないとだめ、という話があるので、入れてみる。(でもそんなことはなかった)


次回はエミュレータ(ファミコン、スーパーファミコン)に挑戦の予定


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

wiiトワイライト・ハック(2)3.4Jからのダウングレード


前回、wiiでトワイライトハックの導入までを行った。
対象wiiは3.4J。

3.4Jだと動かないhomebrewが多いらしい。
なので、3.3J もしくは3.2Jへのダウングレード(ロールバック)を試してみる。


■準備

SDに以下を入れる。
 /apps/cIOS_Uninstaller_v1.1/boot.dol
 /apps/cIOS36_rev7-Installer/boot.dol
 /apps/cIOS_Downgrader_v1_2/boot.dol
 /apps/IOS-Downgrader_v1.0/boot.dol
 /apps/WAD-Manager-IOS16
 /IOS36-64-v1042.wad
 /wad/IOS16.wad
 /wad/IOS36.rev6.wad

上記をひとまとめにしたセットをここに置いた。


■手順

(1)まず、cIOSを一度でも入れたことがある場合は、アンインストールしておくのが無難。
  SDを挿して HBC (Homebrew Channel) から cIOS Uninstaller v1.1 を起動する。
  実行して OK 出れば完了。

(2) IOS Downgrader 実行のための準備

  HBC → WAD Manager-IOS16 → IOS16.WAD を「+」でインストール
  「home」で再起動★

  HBC → WAD Manager-IOS16 → IOS36.rev6.wad を「+」でインストール
   ※この作業が WAD Manager v1.3 だとできないので注意
  「home」で再起動

(3) IOS Downgrader 実行
  HBC → IOS-Downgrader_v1.0 起動
    ここで ネットワークのエラーが出る場合 → ネットワークの設定を見直す

  時間がかかるがひたすら待つ。

(4)続いて、cIOS 36 rev7 をインストールする。
  HBC から cIOS 36 rev7 Installer を起動。
  「A」キーを押していって OK 出れば完了。

  ここで -2011 などのエラーが出る場合は最初からやり直し。

(5) cIOS Downgrader 実行
  HBC → cIOS Downgrader v1.2 起動。
    ここで ネットワークのエラー…はもうでないと思うが…出る場合→ ネットワークの設定を見直す

  ダウングレードする対象を選ぶ。3.3J または 3.2J あたりが適当。
  同じ 3.3 / 3.2 でも、E(欧)とかU(米)とかを間違って入れないように。
  こっちはさらに時間がかかるがひたすら待ち、 OK 出れば完了。

(6) バージョンの確認
  「home」キーでWiiを再起動し、本体の設定にてバージョンを確認する。
  なんなら、ネットワークの設定に行き、ネットワークのテストを実行して バージョンアップを促されるのを確認。
  (ここでバージョンアップしてしまったら元の木阿弥なのでやらない)


とりあえずここまで。
次回は手持ちソフトのバックアップISO作成の予定


| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

wiiトワイライト・ハック(0)その前に


前回、wiiでトワイライトハックの導入までを行った。

ネットで検索しながら行うわけだが、そもそも説明されている用語や意味、やり方がわからないことが多かった。
なので、ここに自分がつまづいたところなどをメモしておく。


■homebrew

home brew「自家製ビール、自家醸造酒」から来ている言葉で、「自作アプリ」のこと。

Wiiで homebrew を動かすことが、トワイライト・ハックの目的となる。


■HBC - the Homebrew Channel

トワイライト・ハックを行うと、Wiiのホームに the Homebrew Channel という新規チャンネルが作成される。
このチャンネルから、SDを通じてさまざまなアプリを呼び出していく。
Homebrew Channel を HBC などと略しているところもある。


■cIOS, IOS

IOSというのはWiiのファームウェアのことらしい。何の略かは不明。Wii OS?

cIOSのcはカスタムで、custom IOS のこと。
公式ではないカスタマイズされたIOSである。
Wiiには複数のIOSを入れておくことが出来、アプリはそれぞれ自分が必要とするものを選んで使用する、らしい。
なので、動かしたいアプリに応じた cIOSをインストールする必要がある。


■cIOSのインストール

SD「apps」フォルダ内のインストール用dolファイルが、
SDルート上にあるIOS(wadファイル)を参照しつつWii本体にインストールする。
cIOSは導入時に「IOS249」という新規の番号で保存され、公式IOSを上書きしないため安全とのこと。
また、それぞれのインストーラは特定のwadファイルを必要とする。

例1)
 cIOS36 rev7 の場合
  /apps/cIOS36_rev7-Installer/boot.dol
  /IOS36-64-v1042.wad
 がSDに置かれている必要がある。
例2)
 cIOS37 rev3 の場合
  /apps/cIOS37_rev3-Installer/boot.dol
  /IOS37-64-v2070.wad
 がSDに置かれている必要がある。

dolファイルは常に apps/ フォルダ以下に boot.dol と改名して置くが、
通常 wad/ フォルダ以下に置く wadファイルを、この場合はルートに置くのがポイント。


cIOS作者 Waninkoko 氏のところに行けば書いてあることだが、

  Custom IOS36 rev 07 (w/ backup support)
  Custom IOS37 rev 03 (unsupported)

すなわち、 cIOS36 rev 07 は、バックアップ(の起動)をサポートしており、
cIOS37 rev 03 は、サポートしていない。

バックアップ起動でエラーが!!等騒いでいる人の大半は、 cIOS37 を入れている人。
37の方が新しくて高性能、とか思ってそっちを入れておかないこと。


■dolファイル

Homebrew Channel から起動する、アプリの実行ファイル。何の略かわからなかった。
Homebrew Channel に登場させるには、
SD の /apps フォルダにアプリ名フォルダ(名前はわかれば何でもいい)を作り、
その中に boot.dol とリネームして置くだけ。
※この、boot.dol にリネームするのを忘れて「Homebrew Channel から実行できない!」と焦ることが何度か^^;


■wadファイル

Wii のホームに、新規チャンネルとしてアプリを追加するためのファイル。何の略かわからなかった。
SD の /WAD フォルダにそのまま置く。
Wii にインストールするには、Homebrew Channel から WAD-Manager を起動し、
SDに置かれたWADファイルのリストから選択して「+」キーを押す。

インストールしたものを削除する時は同じく WAD-Manager から「-」で削除しないとまずいらしい。


■保管庫

各種ダウンロードすべきファイルを置いてあるところ。
Wii SD Hack @ wiki にある。
その他、自前の保管庫を用意しているブログもちらほら。


■Ocarina

Wiiにおけるチート(Cheat Code 改変コード)のことらしい。
所持金を99999Gにするとか、ああいうやつ。


■ISO

IOSとISOをごっちゃにしている記事を良く見かけるので一応これも書いとくと、
ISO(ファイル)とは、イメージファイルのこと。
ディスク上の内容(イメージ)をそのままファイル化したもの。

DVD VIDEOなどだと、ルートに VIDEO_TS, AUDIO_TS フォルダがあり、VIDEO_TS フォルダの下に IFO, VOB ファイルがある、というツリー構造になっていると同時に、
それをDVD DISC に焼く時にはそれぞれを書き込む場所(ディスク フォーマット)が決まっているため、
DVD VIDEO を普通に(DVD ROMとして)DVD-Rなどに焼いても、機器によってはちゃんと再生できない。
(DVD VIDEOフォーマットとして不正なため)

この、DISC上に実際に書き込む場所までを忠実にそのまま1つのファイルにしたものが ISO ファイル。

Daemon Tools などで「マウント」することで、PC上で仮想ディスクとして再現が可能。
また、多数のファイルをまとめて1つのファイルとして扱えるので管理が楽になる。

人によっては「圧縮方法の一つ」などと説明しているようだが、上記の通り、圧縮などはしない。


■ISO焼き

ImgBurnというのを使うことが推薦されているらしい。
また、
ドライブが+RをROM化する事に対応していれば
ImgBurnのTOOLS, SETTINGS→Write→Layer Break→User specified の sector in L0 を 2084960
で焼いてみることで読み込み率向上が望めるかもしれない。


■Wi-Fi ネットワークでのエラー

Wi-Fi 設定を、AOSSなどで行って、普通にネットにつながっていたのに、
ネットワーク系の homebrew を使っていると、initializing ... のあとにタイムアウトエラーが起きることがある。

この場合、以下のような、AOSSを使わず、検索から手動で設定する変更をしてみると直るかもしれない。

Wii WiFi接続でのエラー解消(Buffalo WLI-UC-G 編)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

wiiトワイライト・ハック(1)


Wiiとかいうゲーム機を買ってしまった。

買ったからには活用しなければならない。
ということでネットを検索していると、「トワイライトハック」という言葉が目に付いた。
本体を改造せずに、homebrew(自作ソフト)等を起動できるようにするものであるらしい。
エミュレータやバックアップROMの起動なども出来るとか。


やり方をメモしておく。
3.4J(現時点でのWiiの最新)にTwilight Hack v0.1-beta2が対応リリース、とのことなのでそれベースにて。


■参考リンク

Twilight Hack/ja
Wii SD Hack @WIKI


■事前に用意するもの

・「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」
 このソフトのセーブデータをハックすることで全ては始まったらしい。
 なのでこれを手に入れないと始まらない。かつ、1度はプレイしてセーブデータを作っておくといい。
 ちなみにハックされたバージョンはディスク裏側のシリアル番号が
  RVL-RZDP-0A-0 JPN (rzdp)ヨーロッパ/オーストラリア
  RVL-RZDJ-0A-0 JPN (rzdj)アジア
  RVL-RZDE-0A-0 JPN (rzde)アメリカ
  RVL-RZDE-0A-0 USA (rzde)アメリカ
  RVL-RZDE-0A-2 USA (rzde)アメリカ
 であるもの。
・FAT16でフォーマットしたSDカード(最大2GB)

■the Homebrew Channel

SDカードをwii本体に接続。
トワイライトプリンセスのセーブデータをwii本体からSDカードにコピー。
 Wiiオプション → データ管理 → セーブデータ → SDカード
 トワイライトプリンセスのセーブデータを選択。
 「コピー」→「はい」。

パソコンにSDカードを接続。
SDにはディレクトリが以下のように作られている。
 /private/wii/title/RZDJ
最後のRZDJは、トワイライトプリンセスのディスクによって RZDE, や RZDP かもしれない。

the Homebrew channel
download から twilight-hack-v0.1-beta2.zip (最新)をダウンロード。
ダウンロードした twilight-hack ファイルの中から同じフォルダ名の中(Jならrzdj)にある data.bin を、上記ディレクトリの中に上書きコピー。

the Homebrew channel
download から the_homebrew_channel-1.0.1.tar.gz (最新)をダウンロード。
boot.dolをSDのルートにコピー。

SDカードを再度Wiiに接続。
wii本体のトワイライトプリンセスのセーブデータを削除。
wii本体にTwilight Hackのセーブデータをコピー。

Wiiメニューへ戻る。

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」のゲームディスクを入れ、ゲーム起動。
セーブデータをロードし、後ろの方へ歩くか、前に立っている男に話しかける。

なにやら黒バックの英語の画面になるのでよく読み、
トワイライトハックを行うためにWiiリモコンの「1」を押す。
(キャンセルしたい場合はWiiリモコンの「Z」)

規約に同意してインストールするか聞かれるので「1」を押す。
「Ready to install…」と表示されるので「1」を押してインストール開始。
Installation Complete ! と出れば完了。「1」を押して再起動。

無事 the Homebrew Channel が追加されている(はず)。

とりあえず、ここまで。
本当はここから先が問題なんだけど:)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

DSTTのゲーム起動高速化~


ボヤッキー氏のガラクタ倉庫にて、DSTTのinfolib.datについて書かれていた。

DSTTはromを起動する際、解析をしつつパッチを当ててから起動するらしい。
解析にはそれなりの時間がかかるので、ゲーム起動まで10秒くらいかかるものもある。

infolib.dat は、この解析結果をライブラリにしたもので、ここに記録されたゲームについてはリアルタイムで解析することなくパッチを当てることが可能になり、起動が高速化できる。

問題は、
・kernelに入っている日付を見ても、2008/07/09が最終更新である(それ以降に出たゲームの情報が入っているわけがない)
・自分が一生起動しないゲームの情報も入っているためライブラリに無駄がある
ことである。

そこでボヤッキー氏が開発したのは!

・ゲーム起動時に解析情報を LIB (infolib.datと同じ)形式でMicroSDに出力するTTMENU.DAT(にするパッチ)
・lib → xml 変換プログラム
・xml → lib 変換プログラム

である。


ためしに普段起動の遅いゲームで検証してみた。
(kernelは1.17)

・普通に起動する
 →Aボタンを押してからゲーム起動するまで12秒

・ボヤッキー氏製 TTMENU.DAT(ipsパッチを当てたもの)を MakeLib.nds と命名していったんそれを起動してからゲーム起動
 → YFEJ.LIB というファイルができていた。
  (この4文字がゲームを識別する)

・上記LIBファイルを infolib.dat とリネームして TTMenu 内に上書き
 (ちなみに 672 bytes。 オリジナルの infolib.dat は 416256 bytes)
・再度起動してみる
 →Aボタンを押してからゲーム起動するまで 4秒


なんと8秒短縮である。


効果が確認できたので、導入してみることにする。
手順は下記である。

・オリジナルの infolib.dat はいらないことにして(バックアップだけとっといて)削除。
・自分が起動するゲームのLIBを片っ端から作成
・できた LIB ファイルを xml に変換
・できた xml ファイルを全部結合して1つのxml にする
・xml → dat 変換で infolib.dat ファイルを新規作成、TTMenu内に入れる
・ゲーム起動してみる

片っ端からLIBを作るのはがんばるしかないからよいとして、
その後の作業がしちめんどくさいので、バッチ処理プログラムをHSPで作ってみた。

LIB ファイルをまとめてドラッグ&ドロップすると、上記手順を実行し、
infolib.dat ファイルの作成まで行うもの。

ndslibjoin.zip

※2009/01/29追記
 v0.02 - パス名にスペースを含むときにちゃんと動作しなかったのを修正


自分向けなのでドキュメントなし、GUI的なものもほとんどない:)


ドロップされたLIBの情報全部をまとめた infolib.xml も作成されるので、
タイトルリスト情報などをエディタで入力してから xml→dat変換するもよしである。
(ゲームの起動には直接関係はなさそうであるが)


これで作ったinfolib.datをオリジナルと入れ替えてみたところ、


わーい、ゲームの起動が早くなりましたーー!

ボヤッキーさんありがとう!!


「ndslibjoin.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

ベリーダンスダイエット


奥さんが「ベリーダンスダイエット」とかいうDVDを友達から貸してもらった。

ベリーダンスもダイエットもわかるのだが両者がくっつくととても気持ち悪い。
「へそ踊り食事制限」だからである。

「ダイエット(食事制限)」という言葉を「やせること」的に使っている人が多いが、辞書を見ると

■広辞苑
 ダイエット【diet】
 (規定食の意) 美容・健康保持のために食事の量・種類を制限すること。

■三省堂 スーパー大辞林
 ダイエット [1] 〖diet〗 (名)スル
 健康や美容のために,食事の量や種類を制限すること。

■現代用語の基礎知識2003年版
 ◆ダイエット(diet)〔外来語年鑑2003年〕
 体重調節のための規定食。やせる食事法。低カロリー食。

■学研 新世紀ビジュアル百科辞典
 ダイエット(diet)
 体重を増やさないため,また減らすために食事制限をすること。

というわけで、「体重をしぼること」的な誤用についてはまだ辞書には載っておらず
市民権は得ていないようであった。

体重を増やすためのダイエットだってあるのだからして。。


気持ち悪さとしては
「シュミレーション」や「アボガド」並みである:)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

DSTTのカーネル更新(YSMenu編)


DSTTのカーネルに偽物殺しが入り1.17になった今日この頃。

DSTTのカーネル更新手順を自分向けにメモっておく。

ポイントは
・Fake Killer の無効化もする(ボヤッキー氏に感謝)
・YSMenuを主として使う
・日本語もバリバリ使う
である。


■準備■

DSTTのカーネル最新版を入手する。
http://www.ndstt.com/download.html
日本用は jpn.zip。

YSMenuの最新版を入手する。
http://home.usay.jp/pc/etc/nds/

Fake Killer無効化パッチを入手する。
ボヤッキーのガラクタ倉庫

必要ならWinIPS(ipsパッチ用ツール)を入手する。
http://smblabo.web.fc2.com/

必要ならHashTab Shell Extension(CRC32確認用ツール)を入手する。
HashTab Shell Extension


■実行■

(1)Fake Killer の無効化

jpn.zip を解凍する。
入手してきた無効化パッチに対応する TTMENU.dat かどうか、ハッシュ値(CRC32)を確認する。
確認方法としては、zip圧縮などしてみて圧縮ファイルのプロパティを見る、などもあるが
HashTab Shell Extension というのが便利で、これを入れておけばファイルのプロパティから確認できる。

確認できたら、
TTMENU.dat を TTMENU(org).dat とでもリネームしておく。

winips.exe を実行。
 IPSファイル = TTMENU.ips
 パッチするファイル = TTMENU(org).dat
「IPSパッチ」適用、にて
新たに TTMENU.dat が作成される。


(2)YSMenuを主に

作られたTTMENU.dat を YSMenu フォルダにコピー。
ttextract.exe を実行。
2つのファイル( ttdldi.dat と ttpatch.dat )が抽出される。
TTMENU.DAT を TTMenu.nds とリネームしてルートに移動。
YSMenu.nds を TTMENU.dat とリネームしてルートに移動。

これで、電源ONにて YSMenuで起動するようになる。


(3)日本語ダメ文字対策

FONT_SET_R1.ZIPの中の4ファイル
 system.fon
 system.ank
 system.l2u
 system.u2l
をTTMenuフォルダに上書きコピー。


(4)カスタマイズ

スキンを変える場合は、YSMenuフォルダに
YSMenu1.bmp (上) , YSMenu2.bmp (下) という名前で256x192のビットマップファイルを置く。
ちなみに、フルカラー(24bit)の256x192なビットマップは147512bytesだが、
見た目があまり変わらないなら減色して256色(8bit)にしておくと50230bytesになる。
(ちょっとでも節約)
16色(4bit)にできればさらにサイズは半分になるが、さすがに見た目も変わるかも :)

自前スキンを入れたことで文字が見難くなった場合は、YSMenu.ini ファイル(UTF8)を適当に編集する。

ちなみに
オリジナルのTTMenuのスキンは合計352KBほどあるが、無駄に24bitフルカラーなので
これを16色(4bit)にすると72KB位にまで小さくなる。が、見た目はほとんど変わらない。
これ である。参考までに。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

星のストレンジャー


コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

超人ロック映画版「魔女の世紀」の主題歌「星のストレンジャー」。

古いカセットテープがあるだけでCDを見かけない(もしかしてない?)のが悲しい…
カラオケでは見るので人気はあるっぽいのに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

NO$GBAのセーブファイル


NO$GBAがBATTERYフォルダに作成するセーブファイルはデフォルトでは暗号化されている。
暗号化出力の解除方法は

NO$GBA.INIファイルの
SAV/SNA File Format == Compressed

SAV/SNA File Format == Raw
に変更して保存すればよい。


このデータをDSTTなどで使うには
NO$GBAが勝手につけているヘッダ・フッタを取り除く必要がある。
具体的には

1. 先頭 0x4C(76)バイトを削除する
2. ファイルサイズを0x800000(524288)バイト(=512kB)にする

ちなみにヘッダには NocashGbaBackupMediaSavDataFile などという文字列が見える。

上記作業を自動で行うアプリをHSPで書いてみた。
「ndssavconv.zip」

起動したら savファイルをドラッグ&ドロップするのみ。
ドロップされたファイルを直接上書きします(ので注意)。
一応"NocashGba…"文字列があるか位のチェックはしているが厳密なチェックはしていない。
なお、512kB以外のsavファイルには非対応。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

とんとん庵 カテゴリリスト


カテゴリ「ゲーム(NDS)」 任天堂DSでできるらしいあんなことやこんなことについて

カテゴリ「ゲーム(Wii)」 Wiiでできるらしいあんなことやこんなことについて

カテゴリ「ゲーム(PSP)」 PSPでできるらしいあんなことやこんなことについて

Windows Windowsをちょっとでも使いよく

ペット うちにいる色んなものの話

アニメ・コミック アニメやコミックについて

日記・コラム・つぶやき その他:)


|

トップページ | 2009年2月 »